SSブログ
●最上位目次●健康全般 ●自動車全般

自動車燃料としてのアルコール 第2シリーズ その1 現在のバイオ燃料としてのスタート [科学技術 テクノロジー]

●最上位目次 ○自動車用燃料 Ethanol01 ○自動車用燃料 Ethanol02
全08話 02話→

自動車燃料としてのアルコールの第2シリーズです。
私は日本の進むべき方向は水素燃料だと思っています。ただ、アルコールも石油に変わる燃料として有用です。単体で用いないとしてもガソリンと混合することで、ガソリンの使用量を減らすことが出来ます。

前回の第1シリーズは、2012/05/02 - 2013/06/13 までアルコールが燃料として自動車燃料として使われ始めた頃、それは自動車の生まれた頃でもありましたが、その頃ガソリンに自動車燃料としての位置を完全に取られてしまったところまでを書きました。
今回は、その時点から現在新たな燃料の一つとして脚光を浴びるまでの話しをしたいと思います。


私は、「バイオ燃料」と言う言葉を聞くようになってそんなに日は経っていません。
10年前に聞いていたかなと思い返すと、うーん?となってしまいます。

でも、アルコールを自動車燃料として使う取り組みは結構古くから芽を出し始めていました。

場所はブラジル、年は1931年。

720px-Flag_of_Brazil.svg.png

こ う書いて思いだしてくれる方はほとんどいないと思いますが、ヘンリー・フォードがT型フォードを売っていたのが1907年から1927年。と言っても最後 の何年かは、ヘンリー・フォードのごり押しで売れもしない陳腐化した車としての存在でしたが。(詳しくは別の記事で 前にもこんな事書きましたね。)

470px-Henry_ford_1919.jpg Late_model_Ford_Model_T.jpg

前回のシリーズで、ヘンリー・フォードがエタノールを造るために農業政策に取り組もうという内容の記事をニューヨークタイムズに載せたのが1925年です。
1930年と言ったらそれから間もないというか、アルコールを自動車燃料にする目はつぶれていなかったのではないかと思うほどです。
済みません。書き始めたら本題に余り入らないままですが、貴重な皆さんの時間をかなり費やしてしまいました。
この続きはまた明日にしたいと思います。

今日は貴重な時間を私のブログに割いていただきましてありがとうございました。


来たよ(62)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

来たよ 62

コメント 3

taka

数字はともかくアルファベットは私も無理です
困ったシステムを導入しましたね
by taka (2013-11-06 20:22) 

楽しく生きよう

ほんと困りました。

by 楽しく生きよう (2013-11-08 19:23) 

스포츠토토

I love your blog. It looks every informative. <a href="https://www.totositehot.pro/" target="_blank" title="스포츠토토">스포츠토토</a>



by 스포츠토토 (2021-02-26 02:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。