SSブログ
●最上位目次●健康全般 ●自動車全般

祝! VW Golf7 2013-2014日本カー・オブ・ザ・イヤー(CAR OF THE YEAR JAPAN)に決定!! 輸入車初の快挙!!! 2位はFIT3  ゴルフは2013世界カー・オブ・ザ・イヤー(World Car Awards以前のWorld Car of the Year)もすでに獲得しています。 [VW Golf7]

●最上位目次 VW ●自動車全般 VW ●VW車  
●G7 メンテナンス ●G7 修理 ●Highline 試乗1 ●Highline 試乗2
●Comfortline 試乗1 ●ドライブ 房総1 ●ドライブ 房総2 ●Golf7
●情報 ○自動車全般 カーオブザイヤー  

やりました!フォルクスワーゲンゴルフ(第7世代)がみごと2013-2014の日本カーオブザイヤーに決定しました。
自分自身が数年前からいろいろな情報でこの車はすごいと思うようになり、発売を待ち遠しく重し、更には、無謀としかいえないカタログベースでの購入に踏み切った車が、異国の地である日本で輸入車初の日本カーオブザイヤーに選ばれたのはとても嬉しいです。

 Car of the year Japan VW Golf7.JPG

 受賞理由(CAR OF THA YEAR JAPANホームページ記載文章)
“MQB”というモジュールによる新たな開発手法を採用し、正確なハンドリングと上質な乗り心地を両立した見事なシャシーを実現。さらに環境性能と安全性能を高めた数々の新技術の採用により、セグメントのベンチマークとしてのポジションを確固たるものにした。また、クルマが本来持つべき運転する楽しさをいつでも味わうことができ、街乗りからロングドライブまで誰もが満足できる。さらに日本市場において手頃な価格を実現したことも高評価。いま日本のユーザーにいちばん乗って欲しいクルマと言える。


ゴルフはすでに2013年3月28日に世界カー・オブ・ザ・イヤーを獲得しています。


VW Golf7 World Car Awards in 2013.jpg


日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会が1980年から主催するこの賞は昨年11月1日から今年10月31日までに日本国内で発表発売された乗用車の内ノミネートされたモノから選ばれます。


ゴルフは6月25日、2位のフィットは9月ですから早く発売されたモノが有利ではなく車本質が問われます。

採点者は自動車評論家を中心とした60名がベスト10に選ばれた車に10点から0点を付与します。単純に0-10の数字を割り振るのではなく、1位は10点をつける義務があり、残り持ち点15点(全体では25点)を残りの4台に自分の判断で割り振ることになります。一人の投票はノミネートから勝ち上がった10台の内、自分が佳いと思った上位5台に割り振ることになります。

最高得点は600点。

1位ゴルフ                      504点。(60人中37人が10点、0点おらず3点2名が最低点)
2位のフィット                   373点。(60人中12人が10点、4人が9点、0点2人)
3位ボルボ V40               167点。(60人10点1人、8点1人、0点14人)
4位メルセデスベンツ Sクラス 149点。(60人10点7人、6点1人、0点25人)
ここまでが1桁得点で、以下は5位三菱アウトランダーPHV、6位マツダアテンザ、7位トヨタクラウン、8位フィアットパンダ、9位スバルSUBARU RX HYBRID、10位MINIペースマン。

これまで輸入車が1位になることがなかったため、2004年からは輸入車の1位が自動的にインポート・カー・オブ・ザ・イヤーが点数低くても割り当てられてきました。

でも今年は輸入車初の日本カー・オブ・ザ・イヤー獲得となりましたのでインポート・カー・オブ・ザ・イヤー対象車はありません。

ゴルフに2/3の採点者が1位をつけてくれたのと0点がいなかったのが嬉しいです。
楽生としては日本車が持っている佳さとは違った「車」そのものはこうあるべきだを素朴ながらも語る車だと思います。
今年になって何台かの車を試乗してきました。その中で外見ではなく内面で勝負諸部していると一番感じた車です。
以前は確かにゴルフはじめ輸入車に対するあこがれはありましたが、丈夫で、ある程度華があって、佳い車は日本車だと思っていました。
日本車の佳さはどこに行ったのかと思っています。あくまで楽生の勝手な好みですので聞き流して下さい。

2位のフィットはとても期待していた車で輸入車が選ばれると思っていませんでしたから当然これが1位だと。でもゴルフが日本カー・オブ・ザ・イヤー獲得したことで、日本の自動車評論家も捨てたモンではないと思いました。
フィットハイブリッドに対しては楽生が発売前から多大な期待をしていただけに、がっかりした出来だったと試乗レポートした通りです。
ただ!!!
最近2回目の試乗で違った印象を得ました。

本当にその車を知るには、一度の試乗やド新車の試乗ではなく何度か、ある程度こなれてからの試乗が大事だと思います。

フィットハイブリッドに対する訂正記事は近々掲載します。


来たよ(72)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

来たよ 72

コメント 2

johncomeback

先見の明、お見事ですね(^^)ニコ
by johncomeback (2013-11-25 20:26) 

楽しく生きよう

johncomebackさん
 ありがとうございます。
 今日会社でも車好きから言われました。
by 楽しく生きよう (2013-11-26 21:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。