SSブログ
●最上位目次●健康全般 ●自動車全般

自動車燃料としてのアルコール 2-04 高い輸入税と書く自動車メーカーのブラジル内生産 [科学技術 テクノロジー]

●最上位目次 ○自動車用燃料 Ethanol01 ○自動車用燃料 Ethanol02
←03話 全08話 05話→

前回はブラジルの国内事情を語り始めて途中になっておりました。
今日はその続きです。

前回はブラジルが輸入品に高い関税を掛けると書いたところまで書きました。
今日はその続きです。

ブラジルは自国の赤字を解消するために外国からの輸入に高い関税をかけ、国産品をもり立てようとしました。
国産を奨励すると言っても、自動車会社は種を蒔けば即育つというものではありません。
技術の積み重ね、経験の積み重ねが必要です。

ここら辺は、YS11をつくりはしたけれどたくさん売るまでに至らなかった日本の航空産業が佳い例ですね。
こう書きましたがブラジルは飛行機の開発と生産、販売で成功を収めています。恐るべしブラジル。エンブラエルと言う会社で、中でもE-170は日本でも飛んでいます。
写真はJ-Airで使われている76座席の機体です。

E170-J-AIR-320.jpg

車に限っては、フォルクスワーゲンを筆頭に多くのブラジル国外に本社をもつ自動車会社が、ブラジル国内に会社を作り車を作り始めました。

ブラジル産のビートルは有名ですよね。
ドイツ本国での生産が終わってもメキシコやブラジルでビートル作り続けられましたね。
調べてみると、ブラジルではこのビートルのことを「フスカ」(Fusca=南米産の大ゴキブリ)と呼んでいたようです。

640px-VW_Kaefer_front_20071001.jpg

フスカについては別途記事にしています。ご興味のある方はこちらへどうぞ。

それが原因かどうかは分かりませんが、ブラジルではビートルの人気今ひとつだとブラジルに住んでいるブロガーLobyさんからコメントいただいた事があります。

ブラジルは生粋のブラジルっ子でなくても、国内で生産していれば佳いという政策だったんです。
こうすれば、産業を育てる資金や時間が不要で、自動車作るメーカーが儲かるだけではなく、会社からの税金や、ブラジル人の雇用が増えるのでなかなかよい政策だと思います。

もちろん作る車はエタノールを混合したガソリンで走る事が大前提。
日本の会社も進出しています。エタノールが混じると旧来の日本車の燃料系統の材質は腐食し使い物になりません。
それに耐えうる部材を使って、100%エタノールであっても走る事が出来る車を日本のメーカーは作り上げています。
車を作る技術があってもその技術が日本で使われないのは悲しいです。ディーゼルも早くから黒煙出さないエンジンを作れているのに日本で売らなかった。
ディーゼルはマツダのSkeactiv-Dから見直されて佳い感じになっています。
エタノールも少しは対応して欲しいと思います。

日本はブラジルのように雄大な国土があるわけではありませんから全てをアルコールにすることは難しいでしょう。でも、廃材などセルロースを含むものからアルコールを造り出したり、ミドリムシからアルコールを造り出す技術は少しずつですが、日本国内で編み出されています。
単価が高いとなかなか実用化できないのは事実です。
何とかならないカナーと思う今日この頃です。

前回のこのエタノールシリーズの記事でさきしなのてるりんさんからコメントをいただきました。
そのコメントで思ったのですが、日本の田畑で人間様が食べるものの生産をあきらめた土地を利用して、アルコール用の原料を生産することが出来ないでしょうか。
田舎が富み日本人全体の生活が豊かになれば今のような殺伐とした世の中でなくなるのではないかと思います。

今日のお話はここまでにして、その後のブラジルの動向については次回にします。
ここからは私の昔話。お暇な方は読んでやって下さい。
もう、30年前になりますが、学生だった頃ブラジルから来た留学生がブラジルで走る車はアルコールを燃料にしていること、走りはいまいちだけど気にならないと言っていたことを思い出しました。
その時はアルコール燃料と言えば、インディーで走るレースカーしか知らなかったので、アルコールがガソリンスタンドで買えるだけ出回っていたことに驚きました。
当時から石油資源の枯渇のことは時々話題になっていたので、日本も早くしないかなと思い出したのもこのときからです。

今日は貴重な時間を私のブログに割いていただきましてありがとうございました。


来たよ(77)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

来たよ 77

コメント 6

Take-Zee

フォルクス・ワーゲン。
ドイツ語で”国民の車”・・・日本では考えられない
名称です。

by Take-Zee (2014-03-30 07:57) 

楽しく生きよう

武爺さん
 当時の政府が掲げた言葉なので疑わしい面有りますが、「国民が広く車を持てるようにしたい」と言う願いがあったようです。
 裏では、その安く作る技術、頑丈、メンテナンスの容易さを軍用に使用したい思惑があったように思います。

今のフォルクスワーゲンは他車と比べると実を優先して遊びが少ないところ、そして他車よりは安く提供するところ(と言っても値段高い車有りますが)が今も佳いなと思っています。
by 楽しく生きよう (2014-03-30 08:59) 

rappi

ブラジルではビートルを、そういう呼び方をしているのですね。^^
なかなか個性的なフォルムで、今だに好きなデザインです。
by rappi (2014-03-30 18:26) 

楽しく生きよう

rappiさん
 国毎にいろいろな呼び方があるようですが、まさかゴキブリと言われているとは思いませんでした。
by 楽しく生きよう (2014-03-30 18:54) 

토토사이트

It’s difficult to find knowledgeable people in this particular topic, but you sound like you know what you’re talking about! Thanks <a href="https://www.totosafeguide.com" target="_blank" title="토토사이트">토토사이트</a>



by 토토사이트 (2021-03-25 16:42) 

토토사이트핫

You are obviously very knowledgeable. I really love what you guys are up to. Thanks for writing this. I enjoyed reading what you had to say. <a href="https://www.totositehot.pro/" target="_blank" title="토토사이트핫">토토사이트핫</a>



by 토토사이트핫 (2021-03-25 16:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。