So-net無料ブログ作成
●最上位目次●健康全般 ●自動車全般
パソコン ブログトップ
前の8件 | -

So-netブログ RSSで最新のはずの記事が存在しないとブラウザに怒られる現象への対応方法 [パソコン]

●最上位目次 パソコン・ゲーム関連
○パソコン関連 ○ゲーム

以前から気になっていた現象について曽根風呂のサポートに聞いてみました。
今現在私の環境で皆さんの記事を訪ねるときに支障になっていないので、問題が解消されたか検証が出来ていないのですが心当たりのある方は試してみてはいかがでしょうか。

この記事は自分の備忘録のため書かせていただいておりますが、皆さんのお役に立てば幸いです。

続きを読む


ダイナブック サテライト B754/55L DVDドライブが消えた 認識しない [dynabook Satellite PB75455LSUGW] [パソコン]

●最上位目次 パソコン・ゲーム関連
○パソコン関連 ○ゲーム

サテライト B754/55Lは、かみさん及び子供達メインの共用パソコンとして2014年3月、消費税増税前に購入したものです。
同機はDVDスーパー マルチドライブを登載していますがほとんど使用しておりませんでした。
もちろん購入当時初期不良確認のためにDVDを挿入し読込が出来ることは試していました。

先日、かみさんの下働きとして、かみさんが属している会の会計資料を、私がメインに使用している別の自作パソコンで造り次の会計に渡すためCDに焼いてかみさんに渡しました。
これで私のミッション終了と思っていたのですが、次の日CDが読めないと言われ今回の問題解決への取り組みが始まりました。

続きを読む


外付け2.5インチハードディスクをばらす。 Transcend StoreJet 25M3 (USB 3.0) 500GB 今日は本当にばらします。 [パソコン]

関連記事を検索しやすくするため、目次を用意しました。
枠で囲った パソコン・ゲーム関連 を押すと関連記事の目次を開くことが出来ます。
目次から各記事を開くことが出来ます。ぜひお立ち寄りください。

目次 パソコン・ゲーム関連

いよいよTranscend StoreJet 25M3をばらします。
一見したところねじ穴ありません。
仕掛けはゴムのブーツ。

続きはこちらへ


外付け2.5インチハードディスクをばらす。 Transcend StoreJet 25M3 (USB 3.0) 500GB ディスクそのものは生きていました。USB3.0←→SATA 変換基板がx。 今日は異常調査として電力不足、コネクター接続確認して問題無かったことを書きます。 [パソコン]

関連記事を検索しやすくするため、目次を用意しました。
枠で囲った パソコン・ゲーム関連 を押すと関連記事の目次を開くことが出来ます。
目次から各記事を開くことが出来ます。ぜひお立ち寄りください。

目次 パソコン・ゲーム関連

トランセンドは楽生としては各種メモリーを使用していていて値段の割には安定している会社だと思います。
その会社が出しているので佳いかななんて思って、Transcend StoreJet 25M3 (USB 3.0) 500GBを購入しました。2年くらい前でしょうか。
このHDDの売りは、1)2.5インチによる携帯性、2)USB3.0による高速リードライト、3)耐衝撃構造採用による堅牢性です。
期待して買ったのにTranscend StoreJet 25M3 (USB 3.0) 500GBは思いもしない早い時期に、動作異常となりました。

続きはこちらへ


パソコンの虫 INTEL IvyBridge 発売間近 [パソコン]

今日は、パソコンネタです。
インテルの新しいCPU( 開発コードIvyBridge シリーズ )販売が間近になってきました。
興味のない方にはちんぷんかんぷん。知っている人にはもう古新聞でしょうか。
このCPU 発売開始が4月の23日だとか、24日だとか29日だとか言われていますが、あと1週間前後で世に出回る事は間違いないようです。中国用製品の写真が4/18付で英語サイトに載りました。


このCPUは機能的にはマイナーチェンジ品です。と言っても機械的な構造が好きな私としてはとても期待しているCPUです。これは大多数のパソコン大好きな人と一線を画する興味だと思います。

パソコン部品はいつも、発売当初は少ししか売り出しませんので、予約完売に近い位さっと売り場から無くなる可能性有りです。
今回4月販売の中で最も性能の高いCore i7 3770Kの売り出し価格は3.3万円前後という情報が何件か有りました。
現行の2700Kが売り出し2.8万円から始まって現在2.6万円というところですから、2.8万まで下がれば御の字でしょうが、半年以上かかっているので高くても早めに買うことになりそうです。私は梅雨のシーズンまで・・・・、待てるかなー。それとも次のロットがその頃に間に合わないかな。

皆さんのパソコンには下記のようなシールが貼ってあるのでは。7のところが、3とか5になっているかもしれません。

 初代.jpg2代目.jpg3代目.jpg

興味ない方は・・・・・。何のシールこれ。状態ですね。
実は、このシールを貼っていないとパソコンは動かないんです。
と言うことはありません。当たり前です。
このシールは、パソコンメーカーとしては胸を張って

「この紋所が目に入らぬカーーー。頭が高い!!」

って威張りたいだけの物です。
このシールがあっても何の御利益もありません。私はこのシールのありがたみ全く分からない人間の一人です。

18日付の英語サイト情報で、流れたCore i7 3770Kの中国用製品写真です。

写真があった記事はここです。別ネタも書かれていますが。→http://www.techpowerup.com/164411/Core-i7-3770K-Retail-Boxes-Pictured-TDP-95W-Overclocks-Worse-Than-Sandy-Bridge-.html

 3770K_ch02.PNG

 

無味乾燥な銀色の四角形の板みたいなのがCPUです。色気全くなし。
これだけあっても何の役にも立たないんですが、他の部品と一緒になり、皆さんが使っているブラウザーや画像再生ソフトなどが一緒になるといきなり威力を発揮し出すんです。

貴重な皆さんの時間を私の文章にとっていただきありがとうございました。


パソコン作りの虫が騒いでます。 ハードの面での新しい動き チップセット77シリーズ4月8日発売解禁 [パソコン]

SKYACTIV-Dのシリーズが終わったらすぐ次のシリーズに。なんて思っていたのですが、このシリーズ前に構想していた記事がいくつかありますので、それを次のシリーズをスタートするまで挟んでいこうと思います。
構想が古くて、中には時機を逸している物もあります。

ASUS Z77.PNG

本題です。
パソコン好きの方の中には既に入手している方もいると思いますが、4月の8日から「インテル入ってる」と最近言わないINTEL社の新しいチップセットシリーズ77を搭載したマザーボードが発売解禁となり、ASUS、MSIなど台湾(世界のマザーボードはほとんど台湾メーカー製)の大手メーカーから多くの商品が一斉に秋葉原のお店に並びました。

上の写真はチップセットが載ったマザーボードです。

と言っても、
知ってる人は、
 「知ってるよそんなこと今更言うな」と言われるような、今現在となっては古くて興味が無い情報。既にこれ専門のブロガーやニュースは記事にしています。
 
知らない人は、
チップセット? 何それ。
興味湧かないから、避けるまでもなく、一生を過ごしてしまうような情報。

そんな万人受けしないのが今日の情報です。

このチップセットは、パソコンの中では脳幹から脊髄に当たる体全身の情報伝達及びその情報の交通整理屋です。

このチップセットの新シリーズが出るのはその近い将来に、パソコンの脳味噌とたとえられるCPUの新製品が出ることを示しています。
今回の場合は、今月下旬と言っていますがもっと早くなるかもしれません、インテル社の新しいCPUシリーズ(開発コード名:IVYBRIDGE)の発売が迫っています

と言ってもこのCPUはCore i7,Core i5と言った皆さんのパソコンに既に入っているCPUと同じ名前がつきます。私のパソコンにはまだ載っていませんが。
車で言うとマイナーチェンジと言ったところの存在です。
ですが、新しいところはいくつかあるわけで、その新しい部分に対応するための新しい脳幹が必要となり発売となったわけです。

このチップセットを使用してパソコンを組みたいと思っていた私なので、いよいよだと思っているところです。

今年は大蔵省にそれとなく何度かつぶやいてきているので何とか臨時予算を、組んでもらえるのではないかと思いますが、厳しい査定に耐えられるようこれから企画書の作成と予算見積をしていこうと思っているところです。

今日はニュースと言うことでここまでです。

今日も皆さんの貴重なお時間を私のブログの立ち寄りに割いていただきましてありがとうございました。


Microsoft Flight フリーダウンロード開始迫る 来る2月29日配信開始 [パソコン]

関連記事を検索しやすくするため、目次を用意しました。
枠で囲った パソコン・ゲーム関連 を押すと関連記事の目次を開くことが出来ます。
目次から各記事を開くことが出来ます。ぜひお立ち寄りください。

目次 パソコン・ゲーム関連

Microsoftの経営戦略のために目玉商品として開発会社を買収して始まった30年あまりのMicrosoftのFlight Simulator がXを最後に2009年にその開発部門をつぶしてから月日が経ちました。

一昨年からMicrosoft Flightとして新たな出発をしたことをアナウンスしてきましたが、とうとう2012年2月29日に無料によるダウンロードが出来るようになります。

続きを読む


緊急 臨時発行 INTEL SSD 520 インテルからプレスリリース有りました。 480GBまでライナップ。 読み書き最速レベル。 [パソコン]

2/7または2/6にインテルからプレスリリースがあったようです。情報元はtech power up

 003-6d1c4.jpg

販売日程は明らかになっていませんが、読み書き速度とラインナップの情報があります。

読込速度  550 MB/s

書込速度 520 MB/s

インターフェイス SATA3(6gbs)

この値は現在売られている他のハイスペックSSDと同じですね。

メモリープロセスとして25 nm を採用していることから、少しは使用電力等ランニングコストが下がり、数値に見えない速度として体感出来ればいいなと思いますが、過剰な期待はしない方がいいかもしれません。

 

ラインナップと1000個単位の出荷価格

 1) 60 GB   $149 ( 1.13万円  188 yen/GB ) いずれも$1 = 76

  2)120 GB   $229 ( 1.74万円  145 yen/GB)

  3)180 GB   $369 ( 2.80万円  156 yen/GB)

  4)240 GB   $509 ( 3.87万円  161 yen/GB)

  5)480 GB   $999 ( 7.59万円  158 yen/GB)

 

これまで販売されているSSDの標準的な価格(販売価格)と同じですから、販売当初のフィーバーが落ち着いたとすれば少しは安くいいものが買えるという状況になる期待が持てますね。

単位容量当たりの価格は、120 GBが一番ですが、これより容量が大きくなっても単位容量当たりの価格がとても高くてというレベルではないので、お金に余裕がある方は購入しても佳いのでは。

私の今のところの狙いは、120GBですね。


前の8件 | - パソコン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます